放置は絶対に厳禁!統合失調症かもって思ったらすぐにテスト!

メニュー

精神病テストの重要性

統合失調症というのは一体どんな病気でしょうか?
精神分裂症は認知障害や自閉症状を基礎疾患としての複数の疾患組と考えられます。100人の中に1人がかかる頻度の高い病気です。

症状の原因はわかりますか?
原因は人によって違います。人生にいる限り、いろんな出来事があると思います。ですから、明らかな統一の原因は調べてもわからない。
発祥の機会はいつ来るかもわからない。現代の医学上は内在原因と外部原因(環境)に分けられます。
内在原因は遺伝、生理、性格、病気などがあります。その内在の原因の影響が非常に大きいと考えられます。
外部の原因は仕事のストレス、周りの悪口、住む場所の代わりなどがあります。
これはきっと一つの原因ではないと思います。
何らかのきっかけにいろんな要素が偶然に合わせてきて発症するかもしれません。これは人の意識によって発症することもあれば、人の意識に控えられない場合もあります。内在や外材の両方の影響も受けます。

症状チェックできますか?
統合失調症は主に妄想と幻覚などの症状があります。ですから、症状チェックができます。
幻覚の場合は、誰もいないところに人の声を聞こえて、独自突然しゃべりになるということ。妄想は迫害妄想、追跡妄想、考え妄想などの自分の意志に控えられない状態になるということ。精神分裂症がある人はほぼ脳が悪くなって、病気になるんです。他人と異常な行為を行いましたら、症状チェックできます。

自分があるかどうかを診断・テストするところがありますか?
答えはYES。こころナビで自分がこういう病気が患っているかどうかを診断・テストすることができます。
こころナビのホームページを開いていただいて、診断のボタンを押すと、いろいろな病気をチェックするボタンがあります。統合失調症はその中の一つです。こころナビを通して、精神分裂症の基礎知識が把握できます。
その中にいろいろな治療方法や薬などがアドバイスできます。診断・テストの後にスコアと状態と寸評をもとにして自分がどれほどの病気があるかどうかをわかりになります。